Document_2018 of LMMHS

2018.09.24-26. 第91回日本生化学会大会で研究成果を発表しました。

9月24日(祝)-26日(水)、京都で「第91回日本生化学会大会」が開催され、武富がシンポジウム講演を、高宮・三木・川口が一般発表を行いました。

<シンポジウム講演>
武富:ホスホリパーゼA2ファミリーによる健康と疾患の制御

<一般発表>
高宮:がん糖鎖によるがん細胞内代謝リプログラミング機構
三木:IIA型ホスホリパーゼA2は腸内細菌叢を制御する
川口:PNPLA8とPNPLA7によるホスファチジルコリンの分解は肝臓のメチル基供与に重要である

pagetop.png

2018.07.11-12. 第39回日本炎症・再生学会で研究成果を発表しました。

7月11日(水)-12日(木)、東京・新宿で「第39回日本炎症・再生学会」が開催され、村上がシンポジウム講演を行いました。

<シンポジウム講演>
村上:リン脂質代謝酵素による炎症・再生の制御

pagetop.png

2018.07.01. 高宮が特任助教に着任しました。

7月1日(日)付けで、高宮(前所属:札幌医科大学・医学部・医化学講座)が特任助教に着任しました。

pagetop.png

2018.06.17-19. 第4回新学術領域班会議で研究成果を発表しました。

6月17日(日)-19日(火)、兵庫・淡路島で「文部科学省・新学術領域研究『脂質クオリティが解き明かす生命現象』、第4回領域会議」が開催され、村上が最新の研究成果について、三木がポスター発表を行いました。

<成果発表>
村上:リポクオリティ異常に起因する疾患の同定とその分子機構の解明

<ポスター発表>
三木:sPLA2分子群による皮膚疾患の制御

20180617_01.tif20180617_02.tif
会場の「兵庫県立・淡路夢舞台国際会議場」。

20180617_03.tif
村上の成果発表。

20180617_06.tif20180617_05.tif
20180617_04.tif20180617_07.tif
会議中の様子。

20180617_08.tif
参加者の集合写真です。

pagetop.png

2018.06.02. 第29回小野研究成果発表会で研究成果を発表しました。

6月2日(土)、大阪で「第29回小野研究成果報告会、第1回早石修記念賞贈呈式・記念講演会」が開催され、三木が研究奨励発表を行いました。

<研究奨励発表>
三木:sPLA2分子群による皮膚疾患の制御

pagetop.png

2018.05.31-06.01. 第60回日本脂質生化学会で研究成果を発表しました。

5月21日(木)-6月1日(金)、東京・八王子で「第60回日本脂質生化学会-未来に繋ぐ脂質研究-」が開催され、武富・佐藤が一般講演を行いました。

<一般講演>
武富:III型分泌性ホスホリパーゼA2は動脈硬化の新規増悪因子である
佐藤:白色脂肪細胞のベージュ化に関わるTHermogenic sPLA2の同定

20180531.JPG

pagetop.png

2018.03.29-31. Bioactive Lipids from Chemistry to Biology and Medicineで研究成果を発表しました。

3月29日(木)-31日(土)、ギリシャ・アテネで「Bioactive Lipids from Chemistry to Biology and Medicine」が開催され、村上が招待講演を行いました。

<招待講演>
村上:Updating the PLA2 knockout studies: Immunity, metabolic disease, and beyond.

pagetop.png

2018.03.13. 送別会を行いました。

3月13日(火)、今年度末で異動・退職されるお二人の送別会を行いました。

秘書の菊池さんは東大に長くお勤めになられており、村上研が東大に引っ越しした当初からから大変お世話になりました。学生時代から村上研で精力的に研究活動を行ってきた研究員の村瀬さんは、4月から昭和大学・薬学部・社会健康薬学講座・医薬品評価薬学部門の助教に着任します。

20180330.jpg
お二人の益々のご健康とご活躍をお祈りいたします!

pagetop.png

2018.01.18. Meiji Seikaファルマ講演会で研究成果を発表しました。

1月18日(木)、三重で「三重ビラノア錠発売1周年記念講演会」が開催され、武富が招待講演を行いました。

<招待講演>
武富:脂質代謝によるアレルギー性疾患の制御

prevpage.png

nextpage.png