Research_17 of LMMHS

リゾリン脂質を動員して大腸疾患を制御するsPLA2-IIIの新しい機能


 本研究では、腸管上皮に発現するsPLA2-IIIがリゾリン脂質を産生し、大腸炎や大腸がんを制御することを示した。この研究成果は「Sientific Reports」誌に掲載された。

Murase, R., Taketomi, Y., Miki, Y., Nishito, Y., Saito, M., Fukami, K., Yamamoto, K., and Murakami, M.
Group III phospholipase A2 promotes colitis and colorectal cancer.
Sci. Rep., 7, 12261, 2017

prevpage.png

nextpage.png